ビル管理システムのご紹介

会社や病院、省庁といったビルディングには沢山のドアとそれを開け閉めするための鍵があります。鍵は通常、部屋の管理責任者が取り扱いに責任を持つのですが、管理事務所でも受け渡しを管理することがあります。常駐警備現場において、鍵の管理(貸出・返却記録)を明確にすることは大変重要な業務の一つです。そこで弊社では、ICチップを使って鍵の貸出・返却を記録するシステムを開発しました

鍵管理システム【KCSK:Key Control System by Kenkosha】は今までの鍵の受け渡し管理業務に大きな変更をすることなく、正確な受け渡しの時刻や貸し出した担当者や借り出した本人を記録します。貸し出し記録を瞬時に呼び出すことや、返却時刻を過ぎても未返却の鍵の一覧、長期貸し出し中の鍵などもすぐに一覧として表示します。大幅なコストをかけることなく鍵の管理を考えておられる方は、ぜひ弊社のKCSK導入をご検討ください。

鍵管理システム(KCSK)概要

 鍵管理システムが新聞に掲載されました。

  • レスキューボード「マグナム」
  • ビル管理システムのご紹介
  • ビル屋ブログ
  • 1104000510_021653
  • 19000602