どうすれば よいのだろう、 その1

  • 2013-04-18 (木)

先日、とある場所で食事をした際に、下記のように整理棚が設置されていました。

1番上は空きスペース
2段目にはこども用のおもちゃを入れたカゴとあそび道具
3段目にはこども用座椅子
4段目にもこども用座椅子  でした。

私が食事を待っている間に、ふすまの奥の和室から出てきた3歳ぐらいの男の子が借りたおもちゃの交換にやってきました。

彼は床に降りてしまうとおもちゃカゴに手が届かないと判断したのか、上がり框(かまち、和室と同じ床面)に立って整理棚の横から片手をいっぱいに伸ばして、一生懸命カゴを引き出して、次のおもちゃを物色していました。

私は床面(スリッパが置いてある床)と和室床には相応の段差があり、脚を滑らせて床に落ちたら大変な怪我をするかもしれないと思い、カゴを引き出して、彼に希望のおもちゃを取ってもらい、カゴを元の位置に戻しました。

「怪我をしなくて、よかった」と安心しましたが、そこで疑問が湧いてしまいました。

・整理棚の向きを変える必要はないのだろうか? と

  • レスキューボード「マグナム」
  • ビル管理システムのご紹介
  • ビル屋ブログ
  • 1104000510_021653
  • 19000602